-

e0175288_112728.jpg

お久しぶりです。

毎日暑いですが、
皆さんそしてかわいい小さな家族たちも変わりありませんか。
こちらは少し前まで急に気温の低い日が続き、
体調をコントロールするのが大変でした。
でも数日前から、再び30度前後の暑さが戻っています。


実は
先月末、朝焼けのとても美しい朝に、大好きだった母方の祖母が天国へと旅立ちました。

肺炎で入院し、意識は戻らないままの別れでした。
午前3時に連絡が来て、急いで病室に飛び込んだ時、
あまりに穏やかな顔をしていたので、
一瞬、病気が治ったのかと見間違うくらいでした。
入院直後から意識がないまま一週間でしたが、
家族や私たち(特に娘である私の母)に、
別れの心の準備ができるまで、頑張ってくれました。

祖母を家に連れて帰る支度中…
窓から見える早朝の空の様子は、心に焼き付くくらい感動的でした。

祖母が最初に倒れてから十数年。
それからずっとできずにいた、大好きだった歌や踊り、料理や畑仕事などを今は
おもいっきり楽しんでいると思います。
私も母も、祖母が嬉しそうな表情でそれらを楽しんでいるのが目に浮かぶので、さみしいけれど大丈夫です。

続けてうちの祖母の三回忌もあり、体力的にはちょっとばてましたが、
少し続いた涼しさに助けられました。


祖母の葬儀やらで、私たちが家を空け、初めて長い時間の留守番をしたハク。
途中で様子を見に戻ったら、普段から人にべったりなのですが、
さらにべったりでふだんのチョロチョロした姿はなく、じっと私の側にくっついていました。
少し心配になり、
見える場所にモーしゃんのケージを置いてあげました。

一昨年、うちの祖母が亡くなったときは、モーしゃんだけを置いて、留守をすることが心配でたまりませんでした。
二羽になるって、こんな時などに互いの存在を感じあえていいですね。
[PR]

by birdglass | 2011-08-10 11:02 | 携帯diary