おばあちゃんの言葉。

e0175288_0741100.jpg

余震がたくさんありましたが、皆さん大丈夫だったでしょうか。
小さな可愛い家族さんたちも元気にしてますか。
被災地などのペットの様子を見ると胸が痛みます。
動物病院や様々な方が保護をしたり里親を探したりはしてくれているようですが…。
一匹、一羽でも多く飼い主さんと再会し一緒に暮らせるようになるといいなぁ。
もし無理なら優しい里親さんと巡り合ってほしいです。

小さい頃は、いつも祖父母と寝ていた私。
おばあちゃんはいつも寝る前に
「明日着る服は、ちゃんと枕元に揃えて置きなさい」と私に言いました。
ちゃんとたたんで重ねると、褒めてもらったことを思い出します。
月日が経ち、自室で寝るようになると、
ついついそんな事は忘れ、朝起きてからタンスをごそごそ探したりして。
でも、
今ならおばあちゃんが言っていた意味が分かります。
突然の災害などあったら、着替えるのは無理でも、揃ってさえいれば抱えて持ち出すことはできます。
先日夜中の余震は、暖かくなってきたのでパジャマに上着一枚でもしばらく外にいられましたが、
3月11日だったら無理でした。
あの日から、おばあちゃんの教えを思い出して、しっかり枕元に衣服を用意して寝ています。
親戚のおばあちゃんたちは風呂敷に包んで用意しているようです。
私はカバンに一揃え別に用意して、玄関近くにも置いています。
おばあちゃんっこだった私。
いろいろ教えてくれたおばあちゃんの知恵袋。
もっと真剣に聞いておくべきだったと思うこの頃です。
[PR]

by birdglass | 2011-04-13 00:07 | 携帯diary