春、そこまで。

e0175288_13531960.jpg

e0175288_13531951.jpg

絵は姪っこの姉(春から小5)が、この週末泊りにきて描きました。
モーしゃんとハクです。
モーしゃんの目が何ともいえない表情です。

このあたりは津波の被害に幸運にもあいませんでしたが、
最近になり新聞の訃報欄にたまたま仕事や用事で海近くにいた人が巻き込まれて…と載りました。
近所の人は、沿岸地域に勤務していた息子さんを探しに行って来ました。
実際のあの風景を見ると、テレビから伝わる以上だったと話していたそうです。
どこまでも色のない茶色い風景が広がっているのだそうです。

津波に遭った未開封のインスタントコーヒーのビンを、ご近所の方は持ち帰ったそうですが、
未開封なのに、蓋の溝にも砂が入り、
中の紙の蓋の縁にまで入り込んでいたとか。
津波で濡れた衣類は黒ずみ、何度洗っても綺麗にならなかったそうです。

こちらの春はいつもゆっくりやってきます。
今年は、本当に春がくるのかな…そんな感じですが、ふと足元みたら、蕾も膨らんでいて。
なんだか少し嬉しくなりました。
[PR]

by birdglass | 2011-04-03 13:53 | 携帯diary