おばあちゃんの帯。

祖母の遺品の整理は続いています。
大半は状態がよくないので、泣く泣く処分しています。
でも時々、引き出しから私や妹が子どもの頃書いた手紙や絵が出てきて、
大切にしていてくれた祖母に感謝の気持ちでいっぱいになります。

私はマフラーや櫛などを形見として、祖母から譲ってもらうことにしました。
e0175288_15392924.jpg

もう古く使えない帯を見つけ、
母と捨てるのではなく、どうしたら祖母が喜ぶか考えました。
そして思いついたのがこれ。
少し前に紹介した農家レストランで、帯をタンスの飾りに使っていたんですよ。

e0175288_15394491.jpg

半分に切って、祖母が使っていたタンスにかけてみました。

どんなに探しても、どうしてもなかった祖父と祖母の結婚式の写真。
時代が時代なので撮らなかったのかなと諦めていたら、
最後に見たタンスの下の下、敷いていた紙の下から出てきました。

二人の若かりし頃の・・・。
もっとこの頃の話をたくさん聞いておけばよかったなぁ~。
今頃は天国でおしゃべりに花を咲かせていることでしょう。

e0175288_1540168.jpg

ほかにも祖母が誰かに頂いたレース編みを見つけました。
洗濯をしたらきれいになったので、部屋に飾ったのですが、
モーしゃんの爪によくないよね、ということになり私の部屋からは撤去になりました。

祖母の物は私の部屋の押入れまで占拠していたので、
今は私の部屋が大混乱状態です(×_×)
散らかった物の片隅で寝ている毎日です・・・・・。
[PR]

by birdglass | 2009-10-18 16:08 | my diary